脳出血は病名・原因・後遺症も場所によって違う

nousyukketu脳出血は大きなくくりで脳卒中に分類され、そこから脳出血や脳梗塞などに分けられ脳でおきる病気を全て脳卒中と呼んでいる。

その中でも特に恐ろしい脳出血ですが病名・原因・後遺症も場所によって呼び方が様々です。

医学的に分けられた名前や原因などですが、症状の後遺症も場所や出血の量で違って来ます。

脳の仕組みですが大脳で右手を40Cm左に上に30Cmとまだ細かく指令を出していますが、その大脳でだされた指令を小脳で微調整しますが、その微調整する場所が小脳ですが、私の場合小脳出血で後遺症が残ってしまいましたが、おかされた脳が微調整が上手く出来なくてコントロールや震えにつながっています。大脳で脳出血をしてしまうと場所にもよりますが後遺症が残った場合右手を40Cm左に上に30Cmと指令そのものが出せませんから全く動かなくなる人もいます。

特に動脈硬化で脳出血を起こした人は繰り返しやすいので危険です。脳出血なのに血液サラサラにする薬を処方されたのは、脳梗塞にもなりやすいからで、動脈硬化は糖尿病と似ていてそれじたい大した悪さをする病気ではありませんが、合併症がどちらも恐ろしいから似てると言えるでしょう。

後遺症の重い軽いは場所

脳は半分から右脳と左脳に分かれていて、右大脳は左半身に後遺症が出て、左大脳は右半身に後遺症が残りますが、小脳は右脳は右半身に後遺症が出て、左小脳は左半身に後遺症が残ります。

左大脳が出血した時は大抵言語障害も出ますが、ごくたまに言語障害が出ない人がいます。

その逆もあり、右大脳が出血して左半身に後遺症が残っても言語障害が出る場合があります。

私は小脳で1リットルぐらいで輸血ギリギリの出血しましたが、自然に体に吸収されるぐらいの少量の出血でも重たい後遺症が残る場合があります。

全て出血の量と場所で後遺症が重たい、軽いなどが決まってきます。

脳出血は出血の場所で病名が違う

脳出血は出血のおこす場所によって病名が違ってきますが、種類は脳出血、くも膜下出血、脳幹出血、小脳出血、硬膜下血腫など様々です。

脳の中でおきる出血を全て脳出血と呼び、脳内出血と脳出血は同じで=なのです。

くも膜の下で出血をおこすからくも膜下出血と呼びますし、脳幹で出血するから脳幹出血ですし、硬膜の下にくも膜がありますが硬膜とクモ膜の間でおきるのが硬膜下血腫と呼び、出血する場所で呼び方が異なってきますが全てをひっくるめて脳出血と呼びます。

脳出血の原因も人それぞれ

脳出血の原因はこれも色々とあって人によって様々です。

生活習慣病の1つの動脈硬化や血管に出来るこぶみたいな動脈瘤や私みたいに先天性の血管の奇形脳動静脈奇形と色々原因があります。

特に動脈硬化は1度出血すると繰り返しやすく血管全てが動脈硬化になっていてどこで破裂するかわかりませんし、出血の量もわかりません。

動脈瘤ですが血管がYの字になっているような分岐点に出来やすい性質を持っていて血管の壁が薄いところがなったりもしますので、どこの場所に出来るかはわかりません。

動脈瘤の対処方ですが、カテーテルによる血管内治療(コイリング)やステントと呼ばれる物を血管の動脈瘤に血液が流れないようにしますが、開頭手術によるクリッピングという方法もあります。

脳出血の原因

そして私の脳出血の原因の脳動静脈奇形ですが生まれつき持っている血管の奇形です。

私の場合は珍しいほど大きく病院で保存しているそうですが、私は見ていません。

これも血管の壁があつい動脈から壁の薄い静脈に流れるので出血しやすいです。

脳出血も色々な原因がありますが比較的繰り返す原因となるのもが少ないですが、動脈硬化は比率が多いですから脳出血の原因で特に多い方です。

脳出血による後遺症は場所によって違う

後遺症も出血の量や場所によって様々です。

健康な体を作るにはまずは水から始めよう

脳出血の後遺症

大脳の前頭葉でおきた場合はほとんど後遺症が残る可能性は低く、横や後ろ部分はちょっとの出血でも重い後遺症が残ったりします。大脳で脳出血を起こした場合後遺症は右脳が出血した場合は左半身で、左脳が脳出血を起こすと右半身に後遺症が残ります。大脳と小脳の間で神経が交差していて小脳出血は右なら右半身に後遺症が残り左小脳なら左半身に後遺症が残ります。

小脳の場合は体は全て動きますが細かく震えたり目まいがしたり滑らかな動作が出来なくなったりと場所によってまるっきり違います。

脳出血や脳梗塞などみんな同じもので同じような後遺症が残ると思っている人がほとんどですが、全く違うのです。

最初の脳卒中が軽い後遺症で済むと次に脳卒中になった場合分かりやすいですが、その逆もあって最初に重たい後遺症が残った場合次に軽く後遺症が出ても分からない時があります。

脳梗塞や動脈硬化の脳出血は繰り返しやすく2回、3回と脳卒中になる人がほとんどです。

最初に重たい後遺症が残った人は医師の言う事を聞いて気を付けて繰り返しが少ない傾向にありますが、軽い後遺症が残った人はチョッとなめてかかるのか繰り返しやすいですし医師の言う通りに薬を飲んでいても脳卒中になる人もいます。

こちらから脳出血に関係するページにリンクしていますので見てください。

脳出血の事について書いていますが、脳梗塞や動脈硬化と別に脳動静脈奇形は別メニューに載せていますので上のメニューバーからリンクしていますので、ぜひそちらも見てください。

買い物に出かけるより通販が便利で良い
やわたの『黒香醋にんにく』で活動的な日々を始めませんか?

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)