頭痛は脳の異常には関係ないがゼロではない

頭痛がして脳神経外科を受診して色々検査したけど

どこも以上ありませんと医師から言われることがほとんど

だが全くのゼロではない

私は兄弟が3人だけど私以外はひどい頭痛持ちです

だけど検査しての異常は認められず頭痛を抑える薬に頼ってます

脳は基本的に傷みを感じない臓器ですから脳に異常がないのが普通です

だからって頭痛がしても病院に検査に行かないってのはダメです

3人兄弟のうちあんまり頭痛がしなかった私が脳動静脈奇形で倒れました

他の2人は何も発見されません

私は検査に行かず倒れてしまいました

頭痛は脳動静脈奇形の恐れあり

脳は痛みを感じなくて頭痛と脳は関係ないんなら

病院に行っても意味がないでしょ

OL.01

大抵の場合はそうだけど

極まれに異常が見つかる場合のあるの

だから検査は大事なの

大抵の場合MRIやCT検査しても異常なしと言われます

でも脳動静脈奇形で倒れた私は頭痛が年に5回ほどしていました。

若い学生のころは頭痛のする回数も少なかったですが

年齢を重ねると頭痛の回数も増えたような気がします

でも市販の頭痛薬を飲んで治りましたし

薬の効き目がなくなった時間でも2度と痛くはなりません

それに皆頭痛はあるモノだしって簡単に考えてました。

兄弟の中で1番頭痛がなかった私が倒れたのです

ですから頭痛は検査に行った方が良いです

脳動静脈奇形は必ずMRIやCTなどに映ります

ですから必ず検査は大事です

脳動静脈奇形は先天性

脳動静脈奇形はこの世に生を受けた時からある先天性の奇形です

外見からわからないので死んでから分かった人もいます

何故死んだ人が脳動静脈奇形をもっていたか分かるのか?

それは昔は死んだ人ほとんどが解剖されていて

脳動静脈奇形が発見されたケースがあるからです

今は解剖も限られた人数しか行われてませんが昔は多かった見たいです

脳動静脈奇形が先天性と言うことは子供の時点でもうあるってことです

もし物凄く痛がったらもう破裂した後の可能性が高く救急車で脳外科に急ぐしかないです

「ママ~ 何だか頭が痛い」って会話ができる程度の頭痛でも脳外科で検査した方が良いです

1度検査して脳動静脈奇形がなかったらタダの頭痛で風邪かもしれません

脳動静脈奇形って知らない人が多い

脳動静脈奇形ってほとんどの人が初めて聞く名前って言う人が圧倒的に多いです

私も倒れてから初めて聞きました

世の中には耳にしたことのない病気があるんだな~って痛感されます

脳動静脈奇形は心臓から送る新鮮な血液を体中に送る血管の動脈と

栄養がなくなった血液を心臓に戻す静脈とが普通は毛細血管でつながっています

毛細血管で血液を運ぶ動脈の勢いを緩めて毛細血管を通り静脈に行きます

所が毛細血管で勢いが抑えられるはずが動脈から直接静脈に血液が流れる血管があるのです

心臓から栄養をいろんな場所に運ぶのに血管の壁も厚くできている動脈と

各場所に栄養を届け終わった血液を心臓に戻すだけの静脈は血管の壁も薄いです

それが毛細血管を通らず普通の血管で結ばれているのが脳動静脈奇形です。

普通はその血管はないので毛細血管まで運ばれ異常なく戻っていきますが

毛細血管までの間にある血管が壁の厚い動脈から壁の薄い静脈へ直接流れます

勢いの良い血流がそのまま静脈へ流れ込むので壁の薄い静脈が破れてしまいます

この余計な血管を脳動静脈奇形と言います

これが先天性でオギャーって生まれた時からあるのです

いつ破裂するかは誰にもわかりません

あるかどうかも検査してみないと分かりません

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)