脳梗塞のあとがありますと言われたら危険信号

よくテレビ番組で芸能人の脳の検査をしているのがありますが、脳梗塞の後がありますとか簡単に言っているのを見ますが大変危険な信号です。

MRIなどの脳の写真を撮って脳梗塞の後がありますと診断された人は危険です。

たまたま何事も後遺症が残らない場所に梗塞の後が見つかっただけです。

貴方はただ運が良いだけです。

脳梗塞のあとがありますって動脈硬化を甘く見るな

動脈硬化はかなり進んでます。

明日にも脳梗塞で後遺症が残るかも知れません。

動脈硬化が進んでいますのですぐに病院に行きましょう。

そして血液をサラサラにする薬をもらいましょう。

健康だからって安心は出来ません。

大変危険だという危機感を持ってください。

動脈硬化が進んでいる時は危険です。

動脈硬化は治らないのでこれ以上進まないように気を付けるしか方法はありません。

血管がダメなら血液です。

血液そサラサラにしとかないと血液の流れが悪くなり次第に詰まってきます。

そしたら脳梗塞です。

動脈硬化は血管のいたるところにあります。

脳だけが動脈硬化が発生している訳ではありません。

脳や心臓以外で詰まっても大したことにはならず、脳や心臓で詰まると大変なことになります。

心筋梗塞は死ぬか生きるかで麻痺はほとんどの人が出ません。

脳は逆にほとんどの人が麻痺になります。

半身麻痺のまま一生生きて行かなければなりません。

高血圧などの人は検査をお勧めします。

ただ痛いとか症状が無いので何かしら訴えないと健康保険適用外です。

健康保険を適用させたい時は症状を医師に訴えましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)