軽い脳梗塞の人や後遺症が全く残らない人は危険

脳梗塞と言っても動脈硬化の脳梗塞と心房細動の脳梗塞とあります。大事なのは脳梗塞になった原因で動脈硬化の脳梗塞なのか心房細動の脳梗塞なのか、それとも先天性で1部の血管が生まれつき狭いのが原因で詰まったのか、脳梗塞も大変な病気ですがあくまで結果であって脳梗塞になった原因が大事です。

動脈硬化

動脈硬化の場合は血管が硬くなり血管の内側の壁がプラークと言われる不純物の塊が出来てそこへさらにドロドロの血液が流れてくると詰まる原因です。

心房細動

心房細動の脳梗塞は心臓の不整脈などが原因で血液の塊(血栓)が出来て心臓から血栓がはがれて、血管を通り体中をグルグル回り脳の血管で詰まることで脳梗塞となります。

繰り返しやすい脳梗塞

どちらの脳梗塞も繰り返しやすく最初に軽い麻痺や後遺症など、他には全く後遺症が残らない人が居ますが、芸能人で言うと元相撲取りの大鵬さんや俳優の渡瀬恒彦さんなど探せば沢山の人が脳梗塞になっています。

このように軽い人はよほど気を付けていないと危険です。西城秀樹さんみたいに繰り返したりします。特に動脈硬化の脳梗塞は血管がボロボロになっているので詰まりやすい、破けやすい、で 血管自体はもう治らないので今までの食生活などで悪くなって行ったんだと思われます。

最初に重たい後遺症が残った人は、軽い脳梗塞になってもそれよりもすでに重たい後遺症が残った為気が付かない人がいます。

気を付けて血圧を測ったりしないと動脈硬化の脳梗塞は脳出血を引き起こす場合があるので血圧は大事です。

詰まる場所や出血する場所などで全く後遺症は違って来ます。

私は小脳出血ですが麻痺はないですが目が回ってピントが合わないとか、耳鳴りが激しくなったりコントロールが悪く指先が震えたりします。

人から見たら全く分からないでしょう。渡瀬恒彦さんも言ってましたが自分では全く違うって

だから人から気づかれない後遺症と誰が見てもわかる後遺症があるってことです。

脳梗塞の後遺症が軽い人やない人は危険

最初の脳梗塞で後遺症が残らない人や軽い人は、甘く見ていると危険です。

西城秀樹さんも1回目の後遺症は軽く済みましたが、少し私にはなめてかかっているように思いました。2回目は少し重たい後遺症で賢明なリハビリで武道館で歌を歌ったぐらいですから懸命にリハビリをしたのでしょう。

1回目は「あの時はすぐに芸能活動をやめようと思った」とか「あの時はもの凄い頑張った」などちょっと大げさに聞こえる発言でした。文字にしたらまっとうなことなのですが動画でその時に見たら私にはほめられた態度ではなかったように思います。

2回目はさすがにそのような発言はしませんが、人間そんな時は良いことは言わない物です。

繰り返しやすい脳梗塞ですから別の場所が詰まったら別な後遺症が残ります。

その後遺症によっては大変危険な時があります。

軽い人や後遺症がない人は薬を飲まなくても大丈夫?

とんでもない話です。脳梗塞は結果であって、原因がおそらく動脈硬化なので麻痺がないと後遺症が残らなかったなど、みな同じ動脈硬化性の脳梗塞で「軽いから薬は飲まなくていいや」「麻痺がなかったから良いや」ってもってのほかです。

近いうちにまた繰り返すでしょう。動脈硬化が原因で脳梗塞になったんだって事を忘れないで欲しいです。心房細動の脳梗塞も繰り返しやすく薬を飲み続けるのはあたりまえのことで1度脳梗塞になった人は軽かろう重たかろうに関係なく薬は飲み続けなけれがなりません。ちゃんと病院に行って薬を処方してもらいましょう。

後遺症がない人は偶然詰まった場所が良かっただけで、またなります。

動脈硬化系の脳梗塞なら2回、3回と繰り返します。

薬を飲んで気を付けていても動脈硬化の進行具合で脳梗塞を再発する時がほとんどです。

繰り返しやすい脳梗塞

脳梗塞は繰り返しやすいし、動脈硬化の脳梗塞は脳出血の可能性もあるので常に血圧チェックは必要です。病院で血液をサラサラにする薬を処方してもらっていると思いますが血液がサラサラな分脳出血を起こしたら大変なことになります。

だから血圧を測ることは大事なのです。処方された薬さえ飲んでいれば大丈夫何てとんでもない話です。恐ろしい結末が待っています。

別な病気になり手術が必要になったら医師に相談したらちゃんと何日薬を止めるなど的確に診察や検査をしてくれます。

血液をサラサラにする薬は一生飲み続けなければなりません。動脈硬化は1度なったら治らないからです。血管年齢が若返ったってたまにテレビで聞きますが、一時的に血圧が安定しただけで決して動脈硬化が良くなったりはしません。

テレビで芸能人が医師に注意されていましたが、実際に自分の身に起こってみないと分からないんだと思います。出来れば注意した時点で聞き入れてくれれば良いのですが…

健康体質は水から作る決して人任せに出来ない健康管理は自分で守ろう
だから飲み水で健康な体にしよう

脳出血の可能性が高い動脈硬化

原因が動脈硬化の場合は血管が普段の食生活から来たりする生活習慣病でおきる血管の病気で血管がボロボロになっています。だからいつ血管がやぶれ脳出血になるかわかりません。薬を飲んでいても脳梗塞になったりしますが、これはただ薬が足りないわけではなく、脳出血を引き起こさない最適な薬の量なのだと思います。だから薬だけに頼るのではなく食生活や適度な運動が大事になってきます。

身体障害者には運動は出来ませんが、出来る範囲で体を動かしたりするのが良いですが、あくまで医師に相談の上おこなってください。

薬をまじめに飲んでいたのに脳梗塞になったって怒る人もいますが、今まで好きかってやってきた自分が悪いのです。決して他人のせいにしてはいけません。

医師も最善の薬の処方をしていると思います。食生活の改善といってもワファリンなど食べ合わせがあるので医師との相談で食生活の改善をした方が良いでしょう。

買い物に出かけるより通販が便利で良い

やわたの『黒香醋にんにく』で活動的な日々を始めませんか?

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)