脳梗塞や脳出血を引き起こす動脈硬化を予防する

脳梗塞や脳出血は恐ろしい病気ですがその原因の大半が動脈硬化だって事が恐ろしいのです。もし脳梗塞や脳出血になっても医師からは原因も説明は中々されないでしょう。

脳出血には他にも原因があって繰り返す心配の物もありますが、動脈硬化が原因の脳出血は繰り返しやすいです。

何が恐ろしいって動脈硬化が恐ろしいのです。

糖尿病も恐ろしいですが、同じぐらいかそれ以上に恐ろしいのが動脈硬化です。

恐ろしい動脈硬化

脳梗塞や脳出血は結果としてなってしまったのものですが動脈硬化が1番恐ろしいのです。

何故繰り返すのかは動脈硬化が原因で引き起こったからです。

特に脳梗塞は動脈硬化と心房細動がメインでどちらも繰り返し安いのです。

脳出血で血液サラサラの薬は大丈夫?

この脳出血なのに血液サラサラの薬は当然逆効果ですが、原因が動脈硬化がの場合は脳梗塞になる恐れがあるので血液をサラサラにする薬を処方しなければなりません。

逆効果なのは逆効果なのですが動脈硬化は血管の病気で血管がボロボロになっているので破裂すると出血が止まりづらいので逆効果なのですが、それ以上に脳梗塞になる可能性もあるので血液をサラサラにする薬を処方されます。自分勝手に逆効果だから呑まないようにしようってのは大変危険です。必ず医師に相談しましょう。再度脳出血にならないように血圧を測りながら薬を処方しているので自分勝手な判断は危険です。

動脈硬化の恐ろしさを皆知らない

脳梗塞や脳出血になった人でもまだ発症していない人でも脳梗塞や脳出血を引き起こしても軽い後遺症だったり、全く後遺症が残らなかった人など原因が動脈硬化の人は繰り返す可能性が非常に高いので本当に恐ろしいのは動脈硬化なのです。

動脈硬化は生活習慣病なので普段からの食生活や適度な運動が予防の第一です。

脳梗塞や脳出血を発症しないようにするのはとても大事ですが、動脈硬化を予防する方がもっと大事です。動脈硬化にならなければ脳梗塞や脳出血は半分以下に減るでしょう。

脳梗塞の原因はほとんどが動脈硬化

脳梗塞の原因は動脈硬化と心房細動の2つがありますが、圧倒的に多いのが動脈硬化が原因です。

よく血管年齢と言いますが、それが動脈硬化ですので1度検査に行った方が良いでしょう。

年を取ると自然と動脈硬化が進みますが、食生活などを改善することで血管の若く保てるので生活習慣を改善することを考えるのも良いかもしれません。

動脈硬化になってしまったらもう治ることはありませんから生活習慣を改善してそれ以上進行したいようにしないといけません。

まだ脳卒中になってない方はこのまま健康で人生を送ろう

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)