脳出血の原因は検査でわかるがいつ破裂するかわからない

脳出血を引き起こす原因は検査でわかるが、言いつ破裂するかは誰にもわからない。

脳出血の原因は動脈硬化や動脈瘤、先天性脳動静脈奇形などありますが動脈硬化以外はMRIやCTなどの検査でわかりますが、動脈硬化だけは別な検査になります。

動脈硬化は脳梗塞にるリスクもあるので気を付けなければなりません。

動脈硬化以外の脳出血の原因は繰り返す事がなく脳動静脈奇形は先天性で綺麗に取り除けば再度破裂する心配は全くありません。

動脈瘤のステント手術やクリッピングなど適切な手術をおこなえば繰り返しはありません。

脳腫瘍も同じで綺麗に取り除けば再発のリスクはほとんどなくなります。

1番やっかいなのが動脈硬化です。

年齢を重ねると誰しもがあるような血管がボロボロになっていく病気で症状にも出なく1度動脈硬化にかかるともう治る事はありません。

それ以上悪くならないように進行を抑える事しか出来ません。

この動脈硬化は何回も繰り返したり、脳梗塞のリスクが大きくなります。

何回も繰り返す人やたった1度で亡くなる人破裂する場所によって違います。

脳動静脈奇形や動脈瘤は破裂する場所もわかる

脳の血管の異常はMRIなど脳の写真を撮らない限りわかりませんが、写真を撮ってわかれば脳出血を引き起こす場所も大体わかります。

脳腫瘍も写真を撮らないとわかりませんが写真を撮ってあるのがわかれば何処にあるかわかるので破裂する場所も同じ場所です。

昔は脳動静脈奇形は綺麗に取れないこともありましたが、今は医学も進歩していてガンマナイフの操作する医師も数段上手くなっていますし数も増えてきました。

大抵の脳出血の原因は手術で取り除けば破裂の心配は無くなりますが動脈硬化だけは手術が出来なくてなったらそれ以上繰り返さないようにするしかありません。

動脈硬化だけは動脈血管全てがなっていて手や足などでおきても黒ずんだりするだけで不自由な生活はしなくて良いのですが、それはたまたま運が良かっただけで心臓で詰まれば心筋梗塞ですし、脳で詰まれば脳梗塞です。

薬は一生飲まないとイケない

動脈硬化は脳梗塞にならないように医師から処方される薬ですが脳出血や脳梗塞を引き起こしても一生薬は飲み続ける事になりどちらにしても薬は飲まなきゃなりません。

薬を飲み続けるのが嫌って意味がわかりません。

脳梗塞や脳出血で半身麻痺の身体障害者になるより良いと思うのですが、薬を飲みたくないって意味がわかりません。

動脈硬化は生活習慣病の一種で今までの食生活でなります。

塩分の濃い物や脂肪分の多い物や甘い物の食べ過ぎなど食生活で気を付けないとイケない事は山ほどあります。

どれもこれもきちっとこなすのは難しいです。

何でも食べ過ぎは良くありません。

塩辛いモノを食べ過ぎだとか、脂っこい物を食べ過ぎだとか気を付けましょう。

何でも食べ過ぎは良くありません。

食生活は慣れです。

私も脳動静脈奇形で破裂してしまい身体障害者になってしまいましたが、別に先天性の血管の奇形ですから綺麗に取り除けば何ともありませんが段々年齢も行くし動脈硬化の心配もありますから健常者の時は微糖の缶コーヒーを飲んでいましたが、倒れてから無糖にしました。

今では微糖は甘過ぎて飲めません。

慣れでこんなに違うんだって思いました。

動脈硬化って診断されたら食生活の改善を進めます。

薬だけに頼ってはダメです。

意味がありません。

血液をサラサラにする薬は食べ合わせもあるのできちんと医師の言う事を聞いて薬は飲みましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)