脳腫瘍から復帰の元野球選手盛田幸妃氏死去!死因は発表なし

北海道の函館有斗高校から大洋(現横浜DeNA)にドラフト1位指名され入団した。

大魔神佐々木を知っている人は知っている方も多いと思う。

監督推薦でオールスターゲームにも参加しており、佐々木主浩とともにダブルストッパーとして活躍を見せていたが1993年の大洋ホエルーズから横浜ベイスターズに変更されたときに右ひじの怪我で22試合の出場におわり、翌年の1994年に「盛田 幸妃」から「盛田 幸希」読みは一緒で「もりたこうき」へ変更した。

そして名前の解明と同時に太陽ホエルーズの名投手斉藤明夫から背番号17を受け継ぎ監督が変わってから中継ぎ抑え投手から先発に変更され思うような成績をあげられなかった。

そして1997年途中に近鉄バッファローズ(現オリックスバッファローズ)に交換トレードされた。

また名前が「盛田 幸妃」に戻された。

そして段々といわく感を感じ始め脳腫瘍と診断された。

脳腫瘍は開頭手術によって取り除かれしびれが残ったが賢明なリハビリによってマウンドに帰って来た。

この時はみんなに勇気を与えた人としてカムバック賞を受容される。

脳腫瘍の恐ろしさ

初めての手術がどれだけのものかわかりませんが盛田 幸妃氏が死去した死因は発表されていませんが、自殺とも癌とも言われてますが盛田 幸妃氏自信のブログには脳腫瘍と戦ってる事が書かれている。

脳腫瘍が再発したのか闘病生活が送られていた。

最後にブログが更新されたのが2014年の4月26日で今から約1年半前だ。

この期間はブログも更新出来ないほどになっていたのだと思われる。

癌とよりも脳の病気は段々見た目のおかしくなって行って手も足も動かなくなり死に到るのが脳だ。

脳の病気は本当に辛ものだ。

このつらさはなった本人にしかわからないだろう。

現役野球選手と早くに引退して解説者として活躍していたが2006年と2010年と脳腫瘍が再発を続け手術によって取り除かれたが再び再発して結果脳腫瘍で亡くなった。

何回も開頭手術は恐ろしかったでしょう。

眠れない日々が続いたでしょう。

残酷な病気です。

私は身体障害者として生きてますが彼は死んでしまいましたから私の方がましな人生かもしれません。

何で今の世界でも脳腫瘍が再発ってあるのでしょう。

頑張れ医学研究者盛田 幸妃氏の死を無駄にしないで…

あなたの体を全面的にサポート!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)