子供が頭痛や吐き気・嘔吐した時は脳外科でMRIを撮影

脳梗塞や脳出血と言った部類の病気は老人性の病気だとばかり思っていませんか?

子供が頭痛を訴えたり吐き気を模様したらまず病院は脳神経外科です。

子供クリニックなど風邪と診断されても危険です。

とりあえず風邪と診断するのが簡単で、医師がわからない時に風邪と診断する時があります。

脳神経で何事もなければそれでいいですから、まずは脳神経です。

貴方の子供さん大丈夫ですか?

貴方の友達大丈夫ですか?

今度結婚するんだって人大丈夫ですか?

一般的な脳出血は徐々に段階を踏んで進行して破裂しやすくなり結果として脳出血に到りますが、先天性の脳血管の奇形があります。

どんな人にもありうる事なのです。

確率は非常に低いですが結構な人数います。

私もその中の一人ですが、この世に「オギャー」って生まれた時から有る先天性の脳血管の奇形で脳動静脈奇形という名前です。

おそらくい皆さん聞いたことないと思います。

私も倒れるまで知りませんでした。

子供や若い人が脳出血

脳外科のMRIやCT撮影された事ありますか?

私も仕事柄健康診断は受けていました。

血液検査、尿検査、レントゲン検査、心電図検査や視力、聴力など色々な項目を受けていましたが、1度脳出血を起こすと今までの事が水の泡です。

貴方や貴方の周りの人、もしくは貴方の子供、脳動静脈奇形ではありませんか?

脳動静脈奇形は先天性で「オギャー」から頭の中にあるものでいつ破裂するのかわかりません。

若くして脳出血は高確率で脳動静脈奇形です。

子供が頭痛を訴える時は脳動静脈奇形の可能性も

健康そうに見える人も関係ありません。

「あいつは大丈夫だ」「私は大丈夫」「この子に限ってそれは…」そんなこと誰にもわかりません。

脳外科でMRIなど脳の写真を撮るとすぐにわかります。

健康診断でなんともないから大丈夫って何の説得力もありません。

柔道5段だから何ともないって、関係ありません。

元巨人コーチの木村拓也コーチもくも膜下出血と発表されてますが原因がわかりません。

ただ脳を取り巻く膜の一種でくも膜下出血と言い、場所でしかありません。

原因が動脈瘤なのか脳動静脈奇形かはっきとはされていません。

大きなくくりで脳卒中→脳出血→で くも膜下出血や硬膜下血腫→小脳出血など出血した部位で呼ばれ方が違います。

各部位によって出血の名前が違いますが原因も色々です。

加齢による動脈硬化は最近食生活が欧米化してカロリーの多い物を摂取しているせいか若年性が進んでいます。

動脈硬化は血管全部がそうで脳だけがなっている訳ではありません。

生まれてすぐに亡くなる子供も脳出血かも?

脳出血の中でも先天性が一番恐ろしく健康優良児でも先天性の奇形があったりします。

死んだあとにMRIなど検査はしないので何で死んだかわからないままにしている所がほとんどです。

わからない時は突然死で片付けられてしまいます。

いかにも不思議な死を遂げない限り解剖には回りません。

この脳血管の奇形のMRIなど撮ればすぐにわかるのですがいつ破裂するかは医師にもわかりません。

検査が終わって帰る途中で破裂するかもしれませんし誰にもわかりません。

カワイイ赤ちゃんにだってあるかも知れないって事です。

なんたって先天性ですからこの世に生を受けた時から有るのですから爆弾を頭に仕込まれて生まれてきたようなもので、そのまま破裂してしまうのか、先に見つけて取り除くのかが問題で生きていて自然に消えて無くなるってものではありません。

何だかんだ手術によって取り除かねばなりません。

ある事がわかって全て綺麗に取り除ければ再発の心配は全くうないので人生計画を立てても良いです。

私みたいに先に人生計画立てて脳動静脈奇形で倒れたら意味がありません。

よく3大成人病とか言いますが脳動静脈奇形は成人病ではありません。

「オギャー」からあるのです。

遺伝でも何でもありません。

突然変異とでも言うのでしょうか、こればかりは脳の写真を撮らない限りわからないって事です。

子供の頭が痛いは危険信号

基本は脳って痛みを感じない部位なので大きな頭痛を感じたら大出血を起こしてる可能性があります。

軽い頭痛がある時も危険信号の場合があります。

特に小さいお子さんが頭が痛いなど症状を訴えたら脳外科で脳の写真を撮りましょう。

小さい子供だからって脳外科はチョッとって思わないでください。

手遅れになります。

必ず救急車で行ってください。

普通に受付してそのまま受診を待ってる間に亡くなるって事も考えられますから必ず救急車で行ってください。

頭が痛い時はまず脳神経外科です。

とにかく1度脳の写真を撮る事が大事です。

子供だからって脳に関係ないって事はありません。

そこで脳動静脈奇形が見つからなかったら内科でも良いかもしれません。

先に内科に行くと医師もわからないので風邪でしょうなんていうのはっきりしてます。

まずは脳神経外科です。

内科は万能じゃありません。

脳は痛みを感じない部位なので頭痛がしても大抵何ともない場合がほとんどですが、私もたまに頭痛がしてましたが、たまに痛かった程度なのでほっといたら脳動静脈奇形が破裂してしまいました。

だから破裂する前でも頭痛はするもんなんです。

大事にならないように脳神経外科にまずは救急車で行きましょう。

内科だと手遅れになる場合があります。

内科の先生が腕が悪いとは言ってませんよ。

とりあえず専門的な脳外科に急いで受診しましょうって事です。

そこで何事もなかったら近くの内科で良いでしょう。

子供が頭痛を訴える時

子供だからって脳の病気でないって事はありません。

脳出血を起こしてなくても頭痛がいつも同じ所が痛い時は危険信号です。

脳の写真を撮りましょう。

1度写真を撮れば安心です。

先天性の脳動静脈奇形が恐ろしいですからそれがなかったら後から出来るって事はないので心配ありません。

あとは若いうちに脳出血って考えづらいです。

1度で良いんです。脳の写真を撮っておいて脳動静脈奇形があるかどうか分かればそれで良いのです。

何もなければそれで良いし、あったらあったで早期発見で良い事に間違えないです。

あれば医師のいう事を聞いて適切な処置をお願いします。

決して子供だからって油断してはイケません。

脳動静脈奇形は生まれた時から有る血管の奇形ですからこの世に生を受けた時から有ります。

私も子供のうちはあまり頭痛はなかったように思います。

中学生ぐらいから始まったように思います。

この頃はまだCTもありませんでしたから良い時代になりました。

子供が手術に耐えれるようになったら検査を受ける事をお勧めします。

私の子に限ってって貴方のそうかもしれませんよ。

脳動静脈奇形に付いて私の経験談

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)